✴︎極美品 PT900 プラチナ 0.50ct ダイヤ クラシック リング
  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

✴︎極美品 PT900 プラチナ 0.50ct ダイヤ クラシック リング レディース アクセサリー

✴︎極美品 PT900 プラチナ 0.50ct ダイヤ クラシック リング
✴︎極美品 PT900 プラチナ 0.50ct ダイヤ クラシック リング

モデル:m81530187649-MERC-2f3egbye

通常価格26440.0000円 (税込)

商品説明

✴︎極美品✴︎4つの四角いダイヤモンドが先端で輝き、前面に計0.50ctものキラキラのダイヤがデザインされたプラチナリングです。鮮やかな装飾が施された白い豪華な輝きは指先で上品かつ贅沢に煌めきます☆素材:PT900 *刻印ダイヤ:0.50ct *刻印リングサイズ:12号リング大きさ:約 最大幅10.7mm  最小幅2.7mm 外径20.3mm  高さ21.8mm 厚み1.2mm重量:5.6g現品のみ、ジュエリー袋にお入れして、しっかりと梱包してお送りします。(箱が必要でしたら、専用ケースではございませんが、+にてお付けできます。事前にコメントにて、ご要望ください)磨き、クリーニング済みの美品ですが、新品ではございませんので、気になる方はご購入お控えください。※商品受け取り後のすり替え返品を防ぐため、基本的には返品は受け付けておりませんが、万が一、到着時に破損などございましたらご連絡ください。※撮影環境により、写真と実物の色合いが多少異なるように見える場合があります。※ご質問はご購入前にコメントにてお願いします。(しっかりと画像を確認の上でのご購入お願いします)商品の情報table th{border: 1px solid #ccc !important;}カテゴリーレディース*アクセサリー*リング商品の状態目立った傷や汚れなし














26440.0000円✴︎極美品 PT900 プラチナ 0.50ct ダイヤ クラシック リング レディース アクセサリー

前転のポイントは2つ。「回り方」と「立ち上がり方」です。

前転の写真

①マットに足を揃えて立ち、しゃがんで手をつきます。


POINT手は肩幅程度に開く。

前転の写真

②準備姿勢に入ります。足を閉じてお尻を頭より高く上げていきましょう。

前転の写真

③ひじを曲げながら体重を前に移動し、後頭部が床につくようにあごを引きます。後頭部・背中・腰の順番で床につくように身体のラインを丸めて回りましょう。


POINTあごを引いて、しっかりとおへそを覗き込む。

前転の写真

④回転の途中で、お腹と太ももを離さないように注意しましょう。

前転の写真

⑤両足でマットを押し込むイメージで床を蹴ることが、美しく前転を行うコツです。

前転の写真

①回転の後半に入ったら、お尻のほうにかかとを引きつけましょう。回転に勢いがつき、上半身を起こしやすくなります。

前転の写真

②体育座りの姿勢から足の裏をしっかりと床につけ、両手を前に出して立ち上がりましょう。

後転の写真

①スタートの姿勢
手のひらは耳の横に。あごは首につけて、おへそを覗き込みます。

後転の写真

②起き上がり

POINT手をつくタイミングで、お尻が上に位置するように。

後転の写真

③回り始め
背中を丸めて、お尻・腰・背中・首の順で床につけながら、転がります。

後転の写真

①お尻を上げる練習
まずはお尻を上げる練習です。後ろ向きに倒れるのは、お子さんにとっては恐いものです。体育座りから寝る姿勢を取り、お尻を上げる練習をしましょう。


POINT補助者はお子さんの横に座り、お尻を上げるサポートを。

後転の写真

②回転の練習
マットなどで坂を作ると、回転の勢いがつき、練習しやすいでしょう。その際足先は頭の上、斜め後ろへ持っていくように心がけましょう。


POINTしっかりと手でマットを押し、足の裏で着地する。

後転の写真

③お尻が上がるようになってきたら、補助者はお子さんの腰を、浮かせるように持ち上げて、回転のサポートをしてあげてください。

後転の写真

④お子さんの回転をサポートするときの注意点

白井選手の美しいお手本と練習方法はいかがでしたか?
最後に「前転・後転」のポイントをおさらいしましょう。

●前転

  1. ① 腕に力を入れ、両足でマットを押し込むイメージで床を蹴る。
  2. ② 後頭部・背中・腰の順番で身体のラインを丸めて回転する。あごを引いておへそを覗き込み、おなかと太ももが離れないように注意。
  3. ③ 立ち上がりは、かかとをお尻のほうに引きつけて勢いをつける。

●後転

  1. ① 手のひらは耳の横に、あごは首につけておへそを覗き込む。
  2. ② 手のひら全体を、床にスタンプをつくようなイメージでマットへつけ、同時にお尻を上げて回りきる。
  3. ③ 背中を丸めて、お尻・腰・背中・首の順で床につけて転がる。

前転・後転ともに、体重の動きを意識しながら練習するとよいでしょう。ゆっくりと実践して、各ステップの感覚をつかんでくださいね。